Loading...

存在感を放つ鮮やかな色彩、絢爛豪華な吉祥文様に、四季折々の美しい花々――。
日本の伝統美をそのままに、今に伝えるクラシカルな代表的シリーズ。

153-624M

扇面若松割付文(センメンワカマツワリツケモン)

ポイントには、大胆な扇面。裾にも、大胆な青海波。大柄が印象的な打掛です。扇面には、長寿の象徴とされる菊、松、桜、梅など、四季の花をふんだんに盛り込みました。扇面、亀甲、青海波、その他、大変多くの吉祥文様に埋め尽くされた、おめでたい柄のオンパレードの打掛です。

153-624V

扇面若松割付文(センメンワカマツワリツケモン)

ポイントには、大胆な扇面。裾にも、大胆な青海波。大柄が印象的な打掛です。扇面には、長寿の象徴とされる菊、松、桜、梅など、四季の花をふんだんに盛り込みました。扇面、亀甲、青海波、その他、大変多くの吉祥文様に埋め尽くされた、おめでたい柄のオンパレードの打掛です。

203-286A

繊細な幾何学模様や大胆なモチーフを、ときにスマートに、ときにスタイリッシュに。
まるで一幅の絵画のような、物語性のあふれる斬新なドレスアップを実現。

153-721B

ア ラモード

スカーフをモチーフに、スクエアのエッジとアラベスク風文様のエレガンスの調和が妙味を醸し出す打掛です。大輪の花の地紋に銀糸を渡した生地に、鮮やかで繊細な友禅染めをほどこし、ポイントには微妙な色の変化をもつ金箔をあしらいました。友禅でバラのシルエットを染めておき、あつらえたバラの花の型を慎重においていく職人の腕が問われる仕事です。白・オレンジ地はスマートでありながら華のある風情に、ブルー・イエロー地はスタイリッシュなムードに仕上げました。新鮮な趣、抑揚の効いた一着です。

153-721C

ア ラモード

スカーフをモチーフに、スクエアのエッジとアラベスク風文様のエレガンスの調和が妙味を醸し出す打掛です。大輪の花の地紋に銀糸を渡した生地に、鮮やかで繊細な友禅染めをほどこし、ポイントには微妙な色の変化をもつ金箔をあしらいました。友禅でバラのシルエットを染めておき、あつらえたバラの花の型を慎重においていく職人の腕が問われる仕事です。白・オレンジ地はスマートでありながら華のある風情に、ブルー・イエロー地はスタイリッシュなムードに仕上げました。新鮮な趣、抑揚の効いた一着です。

153-630GB

吉祥四季花車縞文(キッショウシキハナグルマシマモン)

菊、牡丹、椿、桜、梅など四季の花をふんだんに盛り込み、ポイントには、花車、花かごをあしらいました。大胆な縦縞のストライプに、ブルーの配色はどこか、アンティークの雰囲気を漂わせる打掛です。打掛に対して、花尽くしの掛下は女性らしい華やかさを与え、和のなかにも洋でモダンな印象を与えるコーディネートになりました。

203-283RM

吉祥四季花車縞文(キッショウシキハナグルマシマモン)

110-493E

鳴門鶴に菊花

110-492R

朝凪鶴に菊花(アサナギツルニキッカ)

朝日が照り映える凪いだ海をモチーフに、ランダムなボーダーを表し、大胆な鶴と牡丹をポイントに配した織りの打掛です。袖や裾に織り成された、花弁の豪華な菊の花がモダンな中にもレトロ感を醸し出しています。衿は柄を切り替えて、きものの仕立ての特徴を生かした珍しいデザインに仕上げました。和の可憐さにポップな可愛らしさをプラスした、鮮度ある衣裳です。

豊かな自然とともにある日本で愛される花やリーフをふんだんに取り入れたスタイルは、
古典とも馴染み良く、ナチュラルな華やかさも演出できる個性的な仕上がりが魅力。

153-650G

パラディ・エクラタン

まるで南国の楽園のような風情を醸す、ビビッドな花が衣裳いっぱいに咲き誇る友禅の打掛です。油彩画や素描を取り合わせたような独特の味わいが鮮度抜群で、和のたおやかさや重厚さとは一線を画すスタイリッシュな一着に仕上げました。金泥の描きも ざっくりとしつつも質感の違いを際立たせ、ポイントの刺繍もどこか洋装の趣をたたえたトロピカルムード満点の衣裳は、こだわりを持った個性的なスタイルをお求めの花嫁様にお勧めです。

153-650P

パラディ・エクラタン

まるで南国の楽園のような風情を醸す、ビビッドな花が衣裳いっぱいに咲き誇る友禅の打掛です。油彩画や素描を取り合わせたような独特の味わいが鮮度抜群で、和のたおやかさや重厚さとは一線を画すスタイリッシュな一着に仕上げました。金泥の描きも ざっくりとしつつも質感の違いを際立たせ、ポイントの刺繍もどこか洋装の趣をたたえたトロピカルムード満点の衣裳は、こだわりを持った個性的なスタイルをお求めの花嫁様にお勧めです。

どこまでもキュートで、とことんスイートに。ヘッドドレスやアクセサリー、小物に至るまで
細部にこだわった乙女心くすぐるキラメキ&ときめきを随所にちりばめて。

153-720PG

トゥルビヨン

スカーフをモチーフに、文様が渦を巻いて広がり、また集約するような、ダイナミックな柄行きの衣裳です。友禅ならではの鮮やかな色彩は生地の地紋を美しく浮かび上がらせ、ポイントの刺繍は豊かなボリューム感を加味します。ポイントの花々はフランス刺繍の表現を参考にし、メダイヨンやチェーンの硬質な味わいとのコントラストが面白い一着です。グリーン・オレンジ地の配色は個性的でスタイリッシュな雰囲気に、ピンク・ライムグリーン地の配色はスイートな印象に仕上げました。和装でありながら型にはまらない、ファッション性の高い打掛です。

153-694C

春秋花尽し(シュンジュウハナヅクシ)

輪郭であらわした菊の花がインパクトのある、友禅の打掛です。ポイントの文様は桜の花に象られて、花車や鼓があしらわれています。モチーフの丸みのあるフォルムやビビッドな色彩が、にぎやかな可愛らしさを醸し出し、少し強めのスパイシーな甘さをただよわせる個性的な一着に仕上がりました。

110-482Y

フルール・アン・レーヴ

153-695P

四季花丸文(シキハナマルモン)

丸から覗く花々は、四季折々の美しさを謳っているかのよう。植物の風姿、美しさを表現した一着です。柄は多く大きく配しているものの、落ち着いた色彩がナチュラルガーリーな雰囲気を醸し出します。箔の表現も主張しすぎず華やか。優しい風情の一着です。

153-705P

夢境清麗(ムキョウセイレイ)

牡丹、ダリア、カトレア、胡蝶蘭、スイートピー、小菊、チューリップ、水仙、朝顔...愛らしい花々をふんだんに盛り込んだロマンティックな打掛。アンティークの打掛を思わせる、ほんのりと褪せたようなグラデーションの地色にやわらかな色彩の花々が流れるように描かれています。
刺繍の艶とラメ箔の煌めきを贅沢に施しました。

新しいのに、どこか懐かしい。懐かしいけど、見たことがない。古典を愛でながら、
「古き良き」を新しいカタチで提案する、二条丸八ならではのシリーズ。

153-693DC

レジメンタル

大胆にレジメンタル(斜めのストライプ)を配し、花笠と四季の花を落ち着いたトーンのカラーで表した打掛です。地紋の菊波文がノスタルジックな風情。花の表現も洋風かつ古めかしい雰囲気で、クラシックな洋館や式場に映えるでしょう。メイクやヘッドドレス、コーディネートにもとびきりの個性を発揮できそうな一着です。

153-706PR

栄葵流水文(エイキリュウスイモン)

大胆に桐と葵をあしらった友禅の打掛です。桐は高貴な文様とされ、またおめでたい意味を持つ吉祥文様として、古くから敬われ愛されてきました。家紋などで有名な葵の紋も、昭和期の振袖等によく見られるモチーフで、ハート形のフォルムが愛らしくもある文様です。金糸の通してある生地を用いており、質感に奥行きができ、動くたびに表情が変わるので着姿がいっそう印象深いものになります。シックな色彩とエキゾチックな趣の柄行きが、個性的ながら大人っぽい風情を醸し出す一着です。

153-706BG

栄葵流水文(エイキリュウスイモン)

大胆に桐と葵をあしらった友禅の打掛です。桐は高貴な文様とされ、またおめでたい意味を持つ吉祥文様として、古くから敬われ愛されてきました。家紋などで有名な葵の紋も、昭和期の振袖等によく見られるモチーフで、ハート形のフォルムが愛らしくもある文様です。金糸の通してある生地を用いており、質感に奥行きができ、動くたびに表情が変わるので着姿がいっそう印象深いものになります。シックな色彩とエキゾチックな趣の柄行きが、個性的ながら大人っぽい風情を醸し出す一着です。

153-649Y

インパクトのあるフォトジェニックな花嫁衣裳は、今までにない大和撫子のイメージを演出。
雅さは失わず、洗練された格好良さを追求し、多彩かつ自在なアレンジを可能に。

153-704DY

波涛舞扇文(ハトウマイオウギモン)

うねる波と大きな扇文がインパクトのある友禅の打掛です。個性的な衣裳ですが、色彩豊かに花々を表現するなど和の可愛らしさも忘れずに盛り込みました。扇は招福の象徴で、婚礼衣裳にふさわしい吉祥文様です。金駒刺繍や際立つ白を表現する胡粉仕上げの加工も、上品かつ豪華な趣をただよわせます。またコーディネート次第で表情が変わる、着物の楽しさをいっぱいに含んだ一着です。

153-719D

フィオレンツァ

スカーフをモチーフに、かわいらしい野の花をイメージした打掛です。友禅で繊細に文様を表現し、ポイント部分には金彩加工をほどこして上品な華やぎを加味しました。ベージュ地の配色はセピア調でノスタルジックな印象に、ネイビー地の配色は色彩を限ってノーブルな雰囲気に仕上げました。甘すぎない愛らしさをたたえたフォトジェニックな一着です。

203-288AE

波涛舞扇文(ハトウマイオウギモン)

うねる波と大きな扇文がインパクトのある友禅の引き振袖です。個性的な衣裳ですが、色彩豊かに花々を表現するなど和の可愛らしさも忘れずに盛り込みました。扇は招福の象徴で、婚礼衣裳にふさわしい吉祥文様です。金駒刺繍や際立つ白を表現する胡粉仕上げの加工も、上品かつ豪華な趣をただよわせます。またコーディネート次第で表情が変わる、着物の楽しさをいっぱいに含んだ一着です。

153-693RC

レジメンタル

大胆にレジメンタル(斜めのストライプ)を配し、花笠と四季の花を落ち着いたトーンのカラーで表した打掛です。地紋の菊波文がノスタルジックな風情。花の表現も洋風かつ古めかしい雰囲気で、クラシックな洋館や式場に映えるでしょう。メイクやヘッドドレス、コーディネートにもとびきりの個性を発揮できそうな一着です。

澄み渡る青空やきらきらと輝く太陽が似合う、明るく爽やかな印象を讃えたシリーズ。
乙女心をくすぐるコーディネートを愉しみたい自然派花嫁に相応しい逸品が揃う。

153-719M

フィオレンツァ

スカーフをモチーフに、かわいらしい野の花をイメージした打掛です。友禅で繊細に文様を表現し、ポイント部分には金彩加工をほどこして上品な華やぎを加味しました。ベージュ地の配色はセピア調でノスタルジックな印象に、ネイビー地の配色は色彩を限ってノーブルな雰囲気に仕上げました。甘すぎない愛らしさをたたえたフォトジェニックな一着です。

153-720GA

トゥルビヨン

スカーフをモチーフに、文様が渦を巻いて広がり、また集約するような、ダイナミックな柄行きの衣裳です。友禅ならではの鮮やかな色彩は生地の地紋を美しく浮かび上がらせ、ポイントの刺繍は豊かなボリューム感を加味します。ポイントの花々はフランス刺繍の表現を参考にし、メダイヨンやチェーンの硬質な味わいとのコントラストが面白い一着です。グリーン・オレンジ地の配色は個性的でスタイリッシュな雰囲気に、ピンク・ライムグリーン地の配色はスイートな印象に仕上げました。和装でありながら型にはまらない、ファッション性の高い打掛です。

153-695B

四季花丸文(シキハナマルモン)

丸から覗く花々は、四季折々の美しさを謳っているかのよう。植物の風姿、美しさを表現した一着です。柄は多く大きく配しているものの、落ち着いた色彩がナチュラルガーリーな雰囲気を醸し出します。箔の表現も主張しすぎず華やか。優しい風情の一着です。

110-482V

フルール・アン・レーヴ

153-694D

春秋花尽し(シュンジュウハナヅクシ)

輪郭であらわした菊の花がインパクトのある、友禅の打掛です。ポイントの文様は桜の花に象られて、花車や鼓があしらわれています。モチーフの丸みのあるフォルムやビビッドな色彩が、にぎやかな可愛らしさを醸し出し、少し強めのスパイシーな甘さをただよわせる個性的な一着に仕上がりました。

153-705B

夢境清麗(ムキョウセイレイ)

牡丹、ダリア、カトレア、胡蝶蘭、スイートピー、小菊、チューリップ、水仙、朝顔...愛らしい花々をふんだんに盛り込んだロマンティックな打掛。アンティークの打掛を思わせる、ほんのりと褪せたようなグラデーションの地色にやわらかな色彩の花々が流れるように描かれています。刺繍の艶とラメ箔の煌めきを贅沢に施しました。

PAGE TOP